神経管閉鎖障害の主な原因とは

“神経管閉鎖障害とは、赤ちゃんの持つ先天性疾患のひとつです。
主な原因は妊娠初期の葉酸の摂取不足によって発症されると言われています。
尚、一度この症状を発症してしまうと、治ることはまずありません。
神経管閉鎖障害は、脊髄や脳を作る元となる神経管の細胞がふさがり、脊髄や脳が成長できなくなってしまう疾患です。
神経管の塞がってしまう部位によって、障害の現れるところが異なるのが特徴です。
大きく分けて無脳症と二分脊椎症に分けることが出来ます。
無脳症とは、神経管の上部がふさがってしまうことで発生します。
脳が正常に作られずに、たとえ無事に生まれて成長したとしても脳の大部分が欠損した状態のため、日常の生活を送ることは極めて難しくなってしまいます。
脳が形成されていない場合、胎児のときは成長を続けますが、流産や死産になる確率が高まります。
二分脊椎症は神経管の下部が塞がってしまうことで発生します。
脊柱や脊髄が分断されてしまい、脳からの伝令が身体の下側に伝わらなくなってしまうことから、下半身の神経が麻痺して運動障害や歩行障害が起こります。
また直腸や膀胱が正常に動かないことから、排便障害や排尿障害が起こることもありえます。”